実戦で本番コースを体感 五輪マラソン・テスト大会

東京五輪のコースを使用したテスト大会「札幌チャレンジハーフマラソン」が5日、札幌市の大通公園―五輪マラソン中間点で行われ、 女子は五輪代表の一山麻緒(ワコール)が1時間8分28秒で優勝した。 他の代表は鈴木亜由子(日本郵政グループ)が1時間8分53秒で3位、前田穂南(天満屋)が1時間10分50秒で5位だった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。