学校でNIE


▼社会とつながる
▼読解力を高める
▼主権者教育にも

教育に新聞を

 NIE(エヌ・アイ・イー)は、「Newspaper in Education」の略で、「教育に新聞を」と訳されます。学校の授業や家庭学習で、新聞を教材として活用する活動です。1930年代にアメリカで始まり、日本では85年、静岡で開かれた新聞大会で提唱されました。その後、教育界と新聞界が協力し、社会性豊かな青少年の育成、活字文化・民主主義社会の発展を目指して、全国展開しています。

 NIEで身に付く、と期待されている力は、まさに学習指導要領が求める3つの資質能力①知識・技能②思考力・判断力・表現力③学びに向かう力・人間性―です。「社会に開かれた教育課程」「主体的・対話的で深い学び」による授業改善に、新聞は有効な教材。変化する社会を生き抜く力を育てます。

 新聞の特長は「一覧性」。新聞を広げると、社会でいま、起きているさまざまな出来事が、ひと目で、リアルタイムで、分かります。社会に目を向け、考えるきっかけが生まれ、予期せぬ情報との出合いが、視野を広げます。多様な話題、多様な人の声に触れることで、多角的・多面的な見方も育ちます。新聞は、学校と社会をつなぐ「窓」。授業で学んでいることが「社会とつながっている」と実感できれば、学習意欲も高まります。

 新聞は、記事だけでなく見出しや写真、グラフや図表などを使って、ニュースを分かりやすく伝えています。新聞に日常的に触れていれば、初めて見る文章を読むことへの抵抗感が減り、多様な文章を資料と共に読み解く力も身に付きます。全国学力テストのアンケートでは、新聞を読む児童・生徒ほど平均正答率が高い、という調査結果も報告されています。NIEを実践する学校からは、「無答が減った」と成果を指摘する声も寄せられています。

 真偽が不確かな情報がまん延する現代社会で、信頼性の高い新聞の情報は、「教育に使いやすい」と、評価されています。複数紙を読み比べて、情報を取捨選択する目を養えば、フェイクニュースにも惑わされない力、メディアリテラシーを高めることにもつながります。

 日本新聞協会は、朝読書などの隙間時間を利用して、新聞スクラップや記事の要約に取り組む「NIEタイム」の導入を薦めています。週に1回程度でも、継続して取り組めば、NIEの学習効果が見込めます。詳細は、日本新聞協会のウェブサイトをご参照ください。

 日本新聞協会は全国で500を超える小中高校をNIE実践指定校に認定し、一定期間新聞を提供して授業で活用してもらう活動を進めています。

 茨城県の指定校枠は13校。指定校には県内で配達されているすべての新聞が提供されますので、新聞の読み比べもできます。指定期間は原則2年です。

<2021年度のNIE実践指定校>

~茨城県13校~

◆新規(1年目)
 小美玉市立堅倉小、つくば市立真瀬小、坂東市立長須小、五霞町立五霞東小、鹿嶋市立高松中、県立高萩清松高

◆継続(2年目)
 日立市立櫛形小、筑西市立川島小、稲敷市立あずま西小、茨城町立青葉中、牛久市立ひたち野うしく中、坂東市立猿島中、県立波崎高

詳細は、日本新聞協会ウェブサイトをご覧ください。

2022年度NIE実践指定校、新規7校を募集中!

茨城県NIE推進協議会

 日本新聞協会は、毎年、全国500校余りのNIE実践指定校を認定し、新聞を提供して、学校での新聞活用を支援しています。各都道府県には、NIE推進協議会が組織され、すそ野を広げる活動に取り組んでいます。

 茨城県NIE推進協議会は、読売・朝日・毎日・東京・日経・産経・茨城の計7つの新聞社と、共同・時事の2通信社、茨城県教育委員会、茨城県新聞教育研究会などで構成しています。13のNIE実践指定校の推薦・サポート、教員向けセミナーなどを行っています。事務局は、茨城新聞社NIE事務局が担っています。

 本県には、日本新聞協会が認定するNIEアドバイザーが現在5人います。NIE実践指定校のサポート役や教員研修の講師などを務め、茨城県NIE推進協議会の活動と連動して、NIEの普及に当たっています。

茨城県新聞教育研究会

茨城県新聞教育研究会は、NIEの実践教員らで組織する自主研究会です。新聞社が主催するコンクールやイベントに協力しているほか、茨城県NIE推進協議会と定期的にセミナーを開くなどして、研さんの場づくり、仲間づくりに取り組んでいます。

茨城県新聞教育研究会は、発足35年を記念して、冊子「茨城のNIE 35年の歩み」を作成しました。ご希望の方は、事務局(茨城新聞社NIE事務局内)まで、お問い合わせください!

 

問い合わせ先

茨城新聞社NIE事務局(地域連携室内)

TEL 029-239-3004
FAX 029-301-0361
Eメール chiikirenkei@ibaraki-np.co.jp