家庭で絆深まる


▼みんなで読もう
▼楽々スクラップ
▼新聞紙で遊ぼう

新聞は話題の宝庫

▼みんなで読める!

 新聞は、話題の宝庫。紙の新聞は、インターネットで情報収集するのとは違って、みんなで囲んで読める利点があります。

 「へぇ~、そんなことあったんだ」。興味関心のない話題にも触れる機会になり、知識や語彙が自然と増えていきます。

 テレビで流れたニュースも、新聞で確認すれば、理解が一層深まり、情報を多角的・多面的にとらえる力も育まれます。

 家族の会話も広がって…。子どもの健全育成にもつながります。

▼スクラップ、家族新聞…

 「新聞スクラップが日課です」「気になる記事は、切り抜いてトイレに貼っておきます」「家族新聞を作っています」…。新聞の使い方はいろいろです。

 茨城新聞では、「しんかつラボ こちら新聞活用実験室」(通称しんかつのページ)、第4金曜日掲載の「私流活用術」のコーナーで、みなさん、それぞれの活用法を紹介しています。

▼読み終えたら…

 紙の新聞は、読んだ後も、再利用できるメリットがあります。丸めてボールを作ったり、バッドを作ったり…。遊び道具に大変身!

 保温や除湿、窓ふき、掃き掃除など生活・防災用具としても使えます。

 茨城新聞社では、ご要望に応じて、新聞ばっぐや防災スリッパ作りの教室を開いています。

問い合わせ先

茨城新聞社NIE事務局(地域連携室内)

TEL 029-239-3004
FAX 029-301-0361
Eメール chiikirenkei@ibaraki-np.co.jp